複数社のカードローンを同時に使うのは地獄行きです

カードローンを利用する場合、やはり低金利のカードローンの方が良い事がわかりました。たしかに消費者金融系のカードローンは最短30分で融資まで行ってくれるというスピードにおいて非常に大きなメリットがありますが、たとえ1日2日の審査期間がかかったとしても銀行系のカードローンは、やはり金利が低く済むという点で大きなメリットがあります。

まず、利用してみたカードローンは銀行系のカードローンでした。銀行系のカードローンのほうが消費者金融系のものより金利が安いと聞いていたからです。銀行のATMコーナーに設置されているテレビ窓口で手続を行うことにしました。審査には身分証明書と収入証明書が必要で、それぞれを提出することによって審査を行います。しかし、銀行系のローンでは審査に落ちてしまいました。これまでキャッシングしたことはないので金融事故歴はないはずですから、給料が少なすぎたのが問題だろうかと思いました。

しょうがないので次に、消費者金融系カードローンを利用してみました。消費者金融系のローンは審査が非常に緩いことが特徴と聞いていましたが、本当に身分証明書を提出するだけで10万円程度のキャッシングをすることができました。この会社の場合にはインターネットを利用した融資にも対応しているということでしたが、やはり初回なため万全を期するということで操作がわからなくなった場合でも対応してもらえる無人店舗の自動契約機での申し込みを行いました。とはいえ操作も非常に簡単で、用紙に記入したものと身分証明書をスキャナー部分にセットするだけで、あとは画面の指示に従っていればよかったのでだれでも手続きはできるのだと思います。審査スピードが早いと入っても30分以上は待たされてしまいますが、無人店舗では奥の方に待ち合い室のような部屋があり、その部屋で待つことができました。

待ち合い室にはテレビが壁に備え付けてあり、キャッシングを利用する際には返済計画をきちんと立てましょう、といった内容を繰り返していました。審査が終わると自動契約機でカードを発行することができ、このカードを利用して備え付けのATMでキャッシングを行うことができました。この場合の金利は18%程度で、1年で完済することを目標にしていたため毎月の返済は1万円程度でした。消費者金融系のカードローンを利用してみたところ、やはりメリットは審査スピードの早さで、即日でお金がほしい時には非常に便利だということがわかりました。

消費者金融系のカードローンを完済した後、再び銀行系のカードローンを利用しようとしてみました。今回はインターネットを利用して申し込みを行いました。必要書類の提出が画像データの提出なこと以外は、審査までは消費者金融系のカードローンとまったく同じなのですが、なんと今回は審査を通過することができました。前回と給料の額としては変わっていないので、消費者金融系のキャッシングを利用してきちんと返済した実績があることによって結果が変わったのだと思います。

結果として最後の銀行系カードローンのほうが返済が1回少なくて済むほど金利が低かったためこちらの方が良いかと感じましたが、実績作りとしても消費者金融系カードローンやクレジットカードの利用をしておいたほうが良いのかもしれません。

借入額が大きくなれば当然返済額も大きくなりやがて…

ずいぶん便利なことに、複数のキャッシング会社が目玉特典として、30日間限定で無利息というサービスを受けられるようにしています。このサービスなら融資からの日数によっては、本来必要な金利を全く収めなくてもよくなるというわけです。多くの方が利用している住宅ローンあるいは自動車に関する費用を目的としたマイカーローンと違い、カードローンであれば、何に使うかは限定されないのです。そういった理由で、借り入れた金額の増額もしてもらうことができるなど、何点か他のローンにはない長所があるのです。

新規にキャッシング希望の時の申込方法で、この頃一番人気なのは、最近増えてきたWeb契約と呼ばれる最新の方法なんです。申込んでいただいた事前審査を受けていただいてその結果が融資可能だったら、契約成立を意味し、数えきれないほど設置されているATMから新規借り入れが可能になるということです。借入額が大きくなれば、月々の返済金額も、増えるのは間違いありません。とても便利なものですが、カードローンというのは単純に借金であるという事実を念頭に、可能であってもご利用は、よく考えて必要最小限の金額までにしていただき借り過ぎてしまうことがないようにすること。

どこのキャッシング会社に、融資のための申込をすることを決めても、申込先が即日キャッシングとして取り扱える、申し込み締め切り時刻についても重要なので、しっかりと調査してから融資の契約を行うことが重要なのです。

万一キャッシングカードの申込書や他の書類に、書き漏れや書き間違いがあれば、ほとんどのケースで全てを再提出か訂正印をいただくため、書類そのものが返却されてしまうのです。本人の自署でないといけないケースでは、やり過ぎなくらい慎重に記載してください。もしかしてその日に振り込んでもらえる即日キャッシングであれば、実際に必須の審査があるとはいうものの書面の提出のみで、申込んだ人間のこれまでの現況を間違えないように調査確認しているわけではないとか、正しくない見解を持っていませんか。

借り入れ金の滞納を何度も繰り返すと、その人のキャッシングの実態が悪くなってしまって、無茶な金額でなく相当下げた金額だけ申込したいのに、肝心の審査で融資はできないと判断されるなんてことが本当に起きているのです。銀行関連の会社が提供しているいわゆるカードローンは、貸してもらえる上限額が他に比べて多く設定されている事に加えて金利は逆に低く設定されていますが、他のものよりも審査が、消費者金融系によるキャッシングと比較して通りにくくなっています。

事前の審査は、キャッシングならどれを使う場合でも省略することはできません。申込者の現況や記録を、隠すことなく全てキャッシング業者に提供する必要があるのです。その提供されたデータを利用して、キャッシングが適当かどうかの審査が実施されているわけです。

簡単便利なキャッシングの申込方法の中で、この頃一番人気なのは、忙しくても大丈夫なWeb契約という最近話題の方法なんです。規定の審査を受けて融資可能と判断されたら、本契約の完了となって、膨大な数のATMを使って借り入れ可能になるシステムなのです。一般的な他のローンと違ってカードローンは、借り入れたお金がどんなことに使われるのかを制限してしまわないことによって、すごく便利で使いやすくしました。マイカー、住宅、教育などお金の利用方法に制限があるローンと比べると、高金利での融資になるのですが、キャッシングを利用するよりは、低く抑えた金利を設定している傾向が多く見られます。

企業のポータルサイトなどネット上で魅力的な即日キャッシングについての記事が掲載されていることが多いのですが、手続希望のときの具体的な手続や流れを閲覧したり調べたりできるものが、残念ながらほとんどないという状況です。スピーディーな即日融資を受けたいときは、自宅からでもPCであるとか、スマートフォン、ガラケーの利用がずっと手軽です。カードローンの会社の準備したウェブサイトで申し込むことができます。まれにあるのですが日数がかからない即日キャッシングでは、本当は審査といいながら書類審査だけで、申込んできた利用希望者のことなどに関しては正確にチェックして判定するのは無理だとか、本当とは違う認識をお持ちではないでしょうか。

おすすめコンテンツ

嫁に内緒でお金を借りる方法|モビットのWEB完結キャッシング

モビットのWEB完結キャッシングサービスの紹介サイト。この通りに申し込みを済ませれば、嫁に内緒でお金を借りれます。
お金借りる内緒

即日融資カードローンBest3

即日融資のカードローン紹介サイト。すぐにお金が必要ならば必見。
即日融資カードローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>